ほぼ日刊サービス開発日誌

React, firebase, 機械学習など

sponsored

sshでTensorboardする!kerasのmodelをTensorboardに出す!簡単

https://www.tensorflow.org/images/mnist_tensorboard.png

Tensorflowの可視化をするTensorboard。

まずリモートサーバーでポートを指定して起動 この場合9999ポートで動かす。

tensorboard --logdir=/home/ext/shiho-wyb/dev/cnn_nlp --port  9999

次にクライアントでポート転送設定をする。

いつも

 ssh -p {接続先ポート} shiho@x.x.x.x -

でssh接続しているとして

 ssh -p {接続先ポート} shiho@x.x.x.x -N -f -L localhost:{ローカルのポート}:localhost:9999

でOK。

これで

localhost:{ローカルのポート}

からTensorBoardを確認できるというわけです。すごい〜。

kerasからTensorboardをつかうにはどうしたらいいの

私にはtensorflowをそのまま使うのは難しいので tensorflowのラッパーであるkerasを使ってなんとかモデルを作っています。

kerasをTensorBoardとつなぐ方法について調べました。

keras.callbacks.TensorBoard()をmodel.fit()のコールバックにすればいいだけです簡単です。

model.fit(x_train, y_train,
          epochs=20, batch_size=128,
          callbacks=[tensorboard_callback], validation_data=(x_test, y_test))

tensorboard_callback = keras.callbacks.TensorBoard(log_dir=log_filepath, 
histogram_freq=1, write_graph=True, write_images=True)