daily-dev.net

React, firebase, 機械学習など

go言語の静的サイトジェネレータhugoの備忘録

sponsored

ディレクトリ構成

サイトフォルダ
│  config.toml <- 設定ファイル。テーマとか。
│  
├─archetypes
├─content
├─data
├─layouts <- テンプレートファイルの置き場。
├─static <- css などの置き場。
└─themes <- githubでダウンロードしてこのディレクトリに入れて、configからテーマを指定できる。

Hugo Themes | Complete List

ページの追加

$ hugo new 【ファイル名】

publicへの書き出し

$ hugo

文法

 {{ range (.Paginator 10).Pages }}
        {{ .Render "list" }} # layouts/_default/list.html を利用。
    {{ end }}

Renderはrangeの中でテンプレートファイルを指定する。

{{ partial "header.html" . }}

partialはそこで該当htmlテンプレートファイルを読み込む。

リンク

{{< relref "blog/post.md" >}} => /blog/post/

ショートコード

layouts/shortcodes フォルダに shortcodename.hml など作っておく。

shortcodename.hml の中で、{{ .Inner }}と記述した場所に、レイアウト側で、

{{< shortcodename>}} ... {{< /shortcordename>}} で囲まれている部分が {{ .Inner }} として展開される。

githubpages化

gohugo.io